絶滅哺乳類 - Extinct Mammals ◆


★ご注文はメール・FAXで承ります。詳しくは→<お買い物について>をクリックして御覧下さい。★
 

 
ケナガマンモスの臼歯
ケナバマンモスの臼歯

ケナガマンモスの臼歯 - Mammuthus primigenius - (クロネコヤマト宅急便)
価格:
Sold Out(送料無料)[オーダーNo.:10Mml018]
哺乳類長鼻目ゾウ科
産出地:北ヨーロッパ オランダ北海沿岸 /産出年代:第四紀更新世(氷河期)
サイズ:約18×16×8センチ/ 重さ:約2.2kg

3〜1万年前の氷河期に生息していたゾウの絶滅種の臼歯です。マンモス属は世界各地で繁栄していましたが、ケナガマンモス種は全身が長い毛で覆われており、体高は3〜3.5m程でした。 アメリカ大陸に生息していたコロンビアマンモスと比べると、若干小型でした。

←写真をクリックすると他の写真が御覧になれます。
ウインドウが開かない場合は→<マンモス>をクリックして下さい。

 
 
ケナガマンモスの臼歯
ケナバマンモスの臼歯

ケナガマンモスの臼歯 - Mammuthus primigenius - (クロネコヤマト宅急便)
価格:
Sold Out (送料無料)[オーダーNo.:10Mml017]
哺乳類長鼻目ゾウ科
産出地:北ヨーロッパ オランダ北海沿岸 /産出年代:第四紀更新世(氷河期)
サイズ:約18×15×7センチ/ 重さ:約1657g

3〜1万年前の氷河期に生息していたゾウの絶滅種の臼歯です。マンモス属は世界各地で繁栄していましたが、ケナガマンモス種は全身が長い毛で覆われており、体高は3〜3.5m程でした。 アメリカ大陸に生息していたコロンビアマンモスと比べると、若干小型でした。

←写真をクリックすると他の写真が御覧になれます。
ウインドウが開かない場合は→<マンモス>をクリックして下さい。

 
 
ケナガマンモスの臼歯
ケナガマンモスの臼歯

ケナガマンモスの臼歯 - Mammuthus primigenius - (クロネコヤマト宅急便)
新価格
Sold Out(送料無料)[オーダーNo.:10Mml016]
哺乳類長鼻目ゾウ科
産出地:北ヨーロッパ オランダ北海沿岸 /産出年代:第四紀更新世(氷河期)
サイズ:約13.5×5.5×13.3センチ/ 重さ:約1468g

3〜1万年前の氷河期に生息していたゾウの絶滅種の臼歯です。マンモス属は世界各地で繁栄していましたが、ケナガマンモス種は全身が長い毛で覆われており、体高は3〜3.5m程でした。 アメリカ大陸に生息していたコロンビアマンモスと比べると、若干小型でした。プリンのような色をした大型の保存状態の良い化石です。表面のてかりは化石硬化(保護材)によるものです。

←写真をクリックすると他の写真が御覧になれます。
ウインドウが開かない場合は→<マンモス>をクリックして下さい。


 
ケサイ(コエロドンタ)の脊椎
毛サイコエロドンタの脊椎

毛サイの脊椎化石 - Coelodonta antiquitatis -
価格:12,500円(送料別
)[オーダーNo.:10Mml024]
哺乳類奇蹄目サイ上科サイ科
産出地:北ヨーロッパ オランダ北海沿岸 /産出年代:第四紀更新世後期(氷河期)
サイズ:約14(縦)×13(幅)×8(厚み)センチ/ 重さ:約399g

ケサイはマンモスと同世代同地域に生息していたサイの 仲間です。ケナガマンモス同様身体は長い毛に覆われていて、鼻先に長い角その後ろに短い角と二本の角を持つ事が特徴です。我々のご先祖様に食されていたようで、もしかするとこの化石もそのお食事後の「ガラ」 なのかも知れません。表面のてかりは化石硬化(保護材)によるものです。

←写真をクリックすると他の写真が御覧になれます。
ウインドウが開かない場合は→<毛サイ・コエロドンタ>をクリックして下さい。

お買い物はこちらへ

 
ケサイ(コエロドンタ)の脊椎
ケサイの脊椎化石

毛サイの脊椎化石 - Coelodonta antiquitatis - (クロネコヤマト宅急便)
新価格Sold Out
(送料無料)[オーダーNo.:10Mml023]
哺乳類奇蹄目サイ上科サイ科
産出地:北ヨーロッパ オランダ北海沿岸 /産出年代:第四紀更新世後期(氷河期)
サイズ:約16.5×10.5センチ/ 重さ:約434g

ケサイはマンモスと同世代同地域に生息していたサイの 仲間です。ケナガマンモス同様身体は長い毛に覆われていて、鼻先に長い角その後ろに短い角と二本の角を持つ事が特徴です。我々のご先祖様に食されていたようで、もしかするとこの化石もそのお食事後の「ガラ」 なのかも知れません。表面のてかりは化石硬化(保護材)によるものです。

←写真をクリックすると他の写真が御覧になれます。
ウインドウが開かない場合は→<毛サイ・コエロドンタ>をクリックして下さい。

 
 
ケサイ(コエロドンタ)の脊椎
ケサイの脊椎

毛サイの脊椎化石 - Coelodonta antiquitatis -
新価格Sold Out(送料別)[オーダーNo.:10Mml022]
哺乳類奇蹄目サイ上科サイ科
産出地:北ヨーロッパ オランダ北海沿岸 /産出年代:第四紀更新世後期(氷河期)
サイズ:約14×10.5センチ/ 重さ:約452g

ケサイはマンモスと同世代同地域に生息していたサイの 仲間です。ケナガマンモス同様身体は長い毛に覆われていて、鼻先に長い角その後ろに短い角と二本の角を持つ事が特徴です。我々のご先祖様に食されていたようで、もしかするとこの化石もそのお食事後の「ガラ」 なのかも知れません。表面のてかりは化石硬化(保護材)によるものです。

←写真をクリックすると他の写真が御覧になれます。
ウインドウが開かない場合は→<毛サイ・コエロドンタ>をクリックして下さい。

 
 
ケサイ(コエロドンタ)の脊椎
ケサイの頚椎化石

毛サイの頚椎化石 - Coelodonta antiquitatis -
新価格
18,000円(送料別)[オーダーNo.:10Mml021]
哺乳類奇蹄目サイ上科サイ科
産出地:北ヨーロッパ オランダ北海沿岸 /産出年代:第四紀更新世後期(氷河期)
サイズ:約15.5×11.7センチ/ 重さ:約683g

ケサイはマンモスと同世代同地域に生息していたサイの 仲間です。ケナガマンモス同様身体は長い毛に覆われていて、鼻先に長い角その後ろに短い角と二本の角を持つ事が特徴です。我々のご先祖様に食されていたようで、もしかするとこの化石もそのお食事後の「ガラ」 なのかも知れません。表面のてかりは化石硬化(保護材)によるものです。

←写真をクリックすると他の写真が御覧になれます。
ウインドウが開かない場合は→<毛サイ・コエロドンタ>をクリックして下さい。

お買い物はこちらへ
 
 
ケサイ(コエロドンタ)の脊椎
ケサイの頚椎化石

毛サイの頚椎化石 - Coelodonta antiquitatis -
新価格16,000円(送料別)[オーダーNo.:10Mml020]
哺乳類奇蹄目サイ上科サイ科
産出地:北ヨーロッパ オランダ北海沿岸 /産出年代:第四紀更新世後期(氷河期)
サイズ:約14×13センチ(詳細画像ご確認下さい)/ 重さ:約524g

ケサイはマンモスと同世代同地域に生息していたサイの 仲間です。ケナガマンモス同様身体は長い毛に覆われていて、鼻先に長い角その後ろに短い角と二本の角を持つ事が特徴です。我々のご先祖様に食されていたようで、もしかするとこの化石もそのお食事後の「ガラ」 なのかも知れません。表面のてかりは化石硬化(保護材)によるものです。

←写真をクリックすると他の写真が御覧になれます。
ウインドウが開かない場合は→<毛サイ・コエロドンタ>をクリックして下さい。

お買い物はこちらへ
 
 
ケサイ(コエロドンタ)の脊椎
ケサイの環堆の化石

毛サイの環椎化石 - Coelodonta antiquitatis -
新価格18,000円(送料別)[オーダーNo.:10Mml019]
哺乳類奇蹄目サイ上科サイ科
産出地:北ヨーロッパ オランダ北海沿岸 /産出年代:第四紀更新世後期(氷河期)
サイズ:約22.5×15センチ/ 重さ:約797g

環堆(第一頚椎:最も頭蓋骨に近い部分の頚椎)の化石です。ケサイはマンモスと同世代同地域に生息していたサイの 仲間です。ケナガマンモス同様身体は長い毛に覆われていて、鼻先に長い角その後ろに短い角と二本の角を持つ事が特徴です。我々のご先祖様に食されていたようで、もしかするとこの化石もそのお食事後の「ガラ」 なのかも知れません。表面のてかりは化石硬化(保護材)によるものです。

←写真をクリックすると他の写真が御覧になれます。
ウインドウが開かない場合は→<毛サイ・コエロドンタ>をクリックして下さい。

お買い物はこちらへ
 
 
ケサイ(コエロドンタ)の脊椎
ケサイの頚椎

毛サイの頚椎化石 - Coelodonta antiquitatis -
新価格20,000円(送料別)[オーダーNo.:10Mml018]
哺乳類奇蹄目サイ上科サイ科
産出地:北ヨーロッパ オランダ北海沿岸 /産出年代:第四紀更新世後期(氷河期)
サイズ:約12.5×11センチ/ 重さ:約445g

マンモスと同世代同地域に生息していたサイの 仲間です。ケナガマンモス同様身体は長い毛に覆われていて、鼻先に長い角その後ろに短い角と二本の角を持つ事が特徴です。我々のご先祖様に食されていたようで、もしかするとこの化石もそのお食事後の「ガラ」 なのかも知れません。表面のてかりは化石硬化(保護材)によるものです。

←写真をクリックすると他の写真が御覧になれます。
ウインドウが開かない場合は→<毛サイ・コエロドンタ>をクリックして下さい。

お買い物はこちらへ
 
 
ケサイ(コエロドンタ)の脊椎
ケサイの頚椎

毛サイの頚椎化石 - Coelodonta antiquitatis -
新価格19,000円(送料別
)[オーダーNo.:10Mml017]
哺乳類奇蹄目サイ上科サイ科
産出地:北ヨーロッパ オランダ北海沿岸 /産出年代:第四紀更新世後期(氷河期)
サイズ:約20×14.5センチ/ 重さ:約510g

マンモスと同世代同地域に生息していたサイの 仲間です。ケナガマンモス同様身体は長い毛に覆われていて、鼻先に長い角その後ろに短い角と二本の角を持つ事が特徴です。我々のご先祖様に食されていたようで、もしかするとこの化石もそのお食事後の「ガラ」 なのかも知れません。表面のてかりは化石硬化(保護材)によるものです。

←写真をクリックすると他の写真が御覧になれます。
ウインドウが開かない場合は→<毛サイ・コエロドンタ>をクリックして下さい。

お買い物はこちらへ

 
ケナガマンモスの臼歯
ケナガマンモスの臼歯

ケナガマンモスの臼歯 - Mammuthus primigenius - (クロネコヤマト宅急便)
価格:Sold Out(送料無料)[オーダーNo.:10Mml011]
哺乳類長鼻目ゾウ科
産出地:北ヨーロッパ オランダ北海沿岸 /産出年代:第四紀更新世(氷河期)
サイズ:約15×7×16センチ/ 重さ:約1241g

3〜1万年前の氷河期に生息していたゾウの絶滅種の臼歯です。マンモス属は世界各地で繁栄していましたが、ケナガマンモス種は全身が長い毛で覆われており、体高は3〜3.5m程でした。 アメリカ大陸に生息していたコロンビアマンモスと比べると、若干小型でした。歯根を含む過怠の整った保存状態の良い化石です。表面のてかりは化石硬化(保護材)によるものです。

←写真をクリックすると他の写真が御覧になれます。
ウインドウが開かない場合は→<マンモス>をクリックして下さい。

 
 
ケナガマンモスの臼歯
ケナガマンモスの臼歯

ケナガマンモスの臼歯 - Mammuthus primigenius - (クロネコヤマト宅急便)
価格:
Sold Out(送料無料)[オーダーNo.:10Mml012]
哺乳類長鼻目ゾウ科
産出地:北ヨーロッパ オランダ北海沿岸 /産出年代:第四紀更新世(氷河期)
サイズ:約12.4×7×12.7センチ/ 重さ:約728g

3〜1万年前の氷河期に生息していたゾウの絶滅種の臼歯です。マンモス属は世界各地で繁栄していましたが、ケナガマンモス種は全身が長い毛で覆われており、体高は3〜3.5m程でした。 アメリカ大陸に生息していたコロンビアマンモスと比べると、若干小型でした。歯根部分を含み小型のマンモスの物ではなく、遣いするして抜け落ち寸前の臼歯です。表面のてかりは化石硬化(保護材)によるものです。

←写真をクリックすると他の写真が御覧になれます。
ウインドウが開かない場合は→<マンモス>をクリックして下さい。

 
 
ケナガマンモスの臼歯
ケナガマンモスの臼歯

ケナガマンモスの臼歯 - Mammuthus primigenius - (クロネコヤマト宅急便)
価格:Sold Out(送料無料)[オーダーNo.:10Mml013]
哺乳類長鼻目ゾウ科
産出地:北ヨーロッパ オランダ北海沿岸 /産出年代:第四紀更新世(氷河期)
サイズ:約16.5×7.4×12.5センチ/ 重さ:約1474g

3〜1万年前の氷河期に生息していたゾウの絶滅種の臼歯です。マンモス属は世界各地で繁栄していましたが、ケナガマンモス種は全身が長い毛で覆われており、体高は3〜3.5m程でした。 アメリカ大陸に生息していたコロンビアマンモスと比べると、若干小型でした。非常に状態の良い整った形の化石です。表面のてかりは化石硬化(保護材)によるものです。

←写真をクリックすると他の写真が御覧になれます。
ウインドウが開かない場合は→<マンモス>をクリックして下さい。

 
 
ケナガマンモスの臼歯
ケナガマンモスの臼歯

ケナガマンモスの臼歯 - Mammuthus primigenius - (クロネコヤマト宅急便)
価格:35,000円(送料無料)[オーダーNo.:10Mml014]
哺乳類長鼻目ゾウ科
産出地:北ヨーロッパ オランダ北海沿岸 /産出年代:第四紀更新世(氷河期)
サイズ:約14×7.5×14センチ/ 重さ:約1705g

3〜1万年前の氷河期に生息していたゾウの絶滅種の臼歯です。マンモス属は世界各地で繁栄していましたが、ケナガマンモス種は全身が長い毛で覆われており、体高は3〜3.5m程でした。 アメリカ大陸に生息していたコロンビアマンモスと比べると、若干小型でした。黒くて大きな保存状態の良い化石です。表面のてかりは化石硬化(保護材)によるものです。

←写真をクリックすると他の写真が御覧になれます。
ウインドウが開かない場合は→<マンモス>をクリックして下さい。

 
 
ケナガマンモスの臼歯
ケナガマンモスの臼歯

ケナガマンモスの臼歯 - Mammuthus primigenius - (クロネコヤマト宅急便)
価格:Sold Out(送料無料)[オーダーNo.:10Mml015]
哺乳類長鼻目ゾウ科
産出地:北ヨーロッパ オランダ北海沿岸 /産出年代:第四紀更新世(氷河期)
サイズ:約14.5×7×11.5センチ/ 重さ:約1092g

3〜1万年前の氷河期に生息していたゾウの絶滅種の臼歯です。マンモス属は世界各地で繁栄していましたが、ケナガマンモス種は全身が長い毛で覆われており、体高は3〜3.5m程でした。 アメリカ大陸に生息していたコロンビアマンモスと比べると、若干小型でした。保存状態の良い綺麗な化石です。表面のてかりは化石硬化(保護材)によるものです。

←写真をクリックすると他の写真が御覧になれます。
ウインドウが開かない場合は→<マンモス>をクリックして下さい。


 
ケナガマンモスの臼歯
ケナガマンモスの臼歯

ケナガマンモスの臼歯 - Mammuthus primigenius - (クロネコヤマト宅急便の場合)
新価格
Sold Out(送料無料)[オーダーNo.:10Mml010]
哺乳類長鼻目ゾウ科
産出地:北ヨーロッパ オランダ北海沿岸 /産出年代:第四紀更新世(氷河期)
サイズ:約12×6.4×4.4センチ/ 重さ:約381g

3〜1万年前の氷河期に生息していたゾウの絶滅種の臼歯です。マンモス属は世界各地で繁栄していましたが、ケナガマンモス種は全身が長い毛で覆われており、体高は3〜3.5m程でした。 アメリカ大陸に生息していたコロンビアマンモスと比べると、若干小型でした。
保存状態の良い化石で、唐草模様のような天然のテクスチャーが大変綺麗です。化石表面のてかりは化石硬化(保護材)によるものです。

←写真をクリックすると他の写真が御覧になれます。
ウインドウが開かない場合は→<マンモス>をクリックして下さい。


 
 

Cuvieronius tropicus

価格:Sold Out (送料別)[オーダーaF10Mml001]
キュウィエロニウス トロピクス Cuvieronius tropicus
象亜目 (Elephantoidea)
ゴンフォテリウム科 (Gomphoteriidae)
産出地:アメリカ サウスカロライナ州 Morgam River,
産出年代:第三紀鮮新世〜第四紀更新世
サイズ:約8×11×14センチ
※サイズ比較用に並べているのは、「エビス」350ml缶です。
一部に接着処理がしております。

 
Glyptodon sp

グリプトドンの甲羅
価格:Sold Out(送料別)[オーダーaF10Mml002]2,500円
Glyptodon sp
哺乳類類節目被甲亜目グリプトドン科
産出地:ブラジル Rio Grande Del Sul,
産出年代:第四紀更新世
大きさ:約8×4.5センチ 厚さ約3センチ
重さ:155g


 

Amebelodon sp

Amebelodon sp アメベロドン
価格:Sold Out(送料別)[オーダーaF10Mml003]
哺乳類長鼻目 正象亜目 ゴンフォテリウム科
産出地:中華人民共和国 甘粛省
産出年代:中新世(約1600万年前)
大きさ:約9
×5×6センチ
重さ:273g
※サイズ比較用に並べているのは単2型乾電池です。
 割れの接着修正部分があります。


   
Mammuthus primigenius

(ゆうパック)
Mammuthus primigenius
 ケナガマンモスの臼歯
価格:Sold Out(送料別)[オーダーNo.:10Mml004]
哺乳類長鼻目ゾウ科
産出地:ポーランド Przemysl,
産出年代:第四紀更新世
サイズ:約8.5×7.5センチ 高さ約9センチ
重さ:約400g
※サイズ比較用に並べているのは、単2型乾電池です。

珍しい抜け落ちる寸前の右下顎の臼歯です。


   
Merycoidodon culbertsoni

Merycoidodon culbertsoni メリコイドドン(オレオドン)
歯と上顎の一部
価格:Sold Out(送料別)[オーダーNo.:10Mml005]

哺乳類偶蹄目猪豚亜目オレオドン科
産出地:アメリカ サウスダコタ州 Badland, Brule Fm.,
産出年代:第三紀漸新世
サイズ:約4×3.7×3.7センチ
重さ:約50g
6×4.5×4.5センチのガラス窓付きケースつきです。

←写真をクリックすると他の写真が御覧になれます。


   
Mammuthus primigenius


Mammuthus primigenius ケナガマンモスの毛
価格:Sold Out(送料別)[オーダーNo.:10Mml006]
哺乳類長鼻目ゾウ科
産出地:シベリア Lena River Region,
産出年代:第四紀更新世
サイズ:約11×14.6センチ/ 重さ:約100g

ディスプレイ用のフレームに入ったマンモスの毛です。 これは化石というよりも、ミイラですね。 机の上に立てたり、壁に吊るしたり出来るようになっています。

←写真をクリックすると他の写真が御覧になれます。
ウインドウが開かない場合は<ここ>をクリックして下さい。


   
バイソンの歯


バイソンの美麗臼歯 - Bison antiquus -
価格:Sold Out(送料別)[オーダーNo.:10Mml007]
哺乳類偶蹄目反芻亜目ウシ科
産出地:アメリカ フロリダ州 Suwannee River,
産出年代:第四紀更新世(氷河期)
サイズ:約4.1×3.7×2.8センチ/ 重さ:約47g ガラス窓付標本ケース付です。

1万年前まで生息していたとされるウシ科の絶滅種です。体高は約2m、体重はおよそ1.5トンあったと言われています。現生のアメリカバイソンの直接の先祖と考えられています。人口では無い天然の磨きがかかった、べっこう飴のような美しい歯の化石です。

←写真をクリックすると他の写真が御覧になれます。
ウインドウが開かない場合は<ここ>をクリックして下さい。


 
ケナガマンモスのの臼歯
ケナガマンモスの臼歯


ケナガマンモスの臼歯 - Mammuthus primigenius -
価格:Sold Out(送料別)[オーダーNo.:10Mml008]
哺乳類長鼻目ゾウ科
産出地:北ヨーロッパ オランダ北海沿岸
産出年代:第四紀更新世(氷河期)
サイズ:約14.5×13.5×6センチ/ 重さ:約1245g

3〜1万年前の氷河期に生息していたゾウの絶滅種の臼歯です。歯根部分を含み黒光りする様が綺麗で、クオリティの高い化石です。化石表面のてかりは化石硬化保護材によるものです。

←写真をクリックすると他の写真が御覧になれます。
ウインドウが開かない場合は<マンモス>をクリックして下さい。

 
 
ケナガマンモスのの臼歯
ケナガマンモスの臼歯


ケナガマンモスの臼歯 - Mammuthus primigenius -
価格:Sold Out(送料無料)[オーダーNo.:10Mml009]
哺乳類長鼻目ゾウ科
産出地:北ヨーロッパ オランダ北海沿岸
産出年代:第四紀更新世(氷河期)
サイズ:約10×8×5.1センチ/ 重さ:約371g

3〜1万年前の氷河期に生息していたゾウの絶滅種の臼歯です。歯根部分を含み、黒光りする様が綺麗で、クオリティの高い化石です。化石表面のてかりは化石硬化保護材によるものです。

←写真をクリックすると他の写真が御覧になれます。
ウインドウが開かない場合は→<マンモス>をクリックして下さい。


 
カート機能はございませんが、ご希望の方はメールでご注文承ります。
詳しくは下記「お買い物について」↓を御覧下さい。
   


磐座 化石鉱物オンライン販売専門店 いわくら
〒606-0816 京都市左京区下鴨松ノ木町82
Tel: 075-723-8951/Fax: 075-723-8950

ご注文・お問合せはこちら

※当店は合資会社オフィスコードワークによって運営されています。
このサイトに掲載されているすべてのコンテンツ、画像、文章などは
(資)オフィスコードワークの承諾なしに無断転載することはできません。

Copyright 2004 Fossil & Mineral Collection-IWAKURA, All rights reserved.