◆ 磐座店長のおすすめ化石・鉱物関連商品 ◆

当店で化石・鉱物を購入して頂いたお客様から、「恐竜の本はどんなものがよいですか?」とか、
「日本産鉱物のが載っているのはどんな本ですか?」というようなお問合せをよく受けます。
そこで、店長お勧めの本やDVDなどを、独断と偏見の一言を付け加えてご紹介いたします。
商品名をクリックして飛ぶ先は、有名なオンラインショップ<amazonさん>のサイトです。
当店でもしょっちゅう利用しているお店です、お気に召したものがございましたら
ショッピングなさってください。ここを通してアマゾンさんでショッピングして頂くと、
ほんの少し当店にマージンが入ります、するとそれが皆様にご提供できる
新しい化石や鉱物を仕入れる資金源の一部となる訳でございます。



特に化石・恐竜・鉱物の本は、絶版や品切れのものが多いので、気になる本がある場合は
在庫のある間に購入される事をお勧めします。


下記とは別の様々な本の紹介です→ 恐竜の本 石の本 アンモナイトの本

本の紹介現在のページです 本の紹介2ページ目へDVDや玩具です

なかなか迫力のある絵で、若干高め価格設定ですが、読み応えのある本だと思います。
もしかすると絵のタッチには好き嫌いが出るかもしれませんね。
3Dメガネ着用という事で、子供だましっぽいイメージがありますが、なかなか面白い本だと思います。
各種類代表的恐竜が掲載されているので、初級中級者(?)にもかなり楽しめます。
折り紙でここまで出来るのか!ともうほんとビックリのディテイルです。日本の折り紙文化バンザイ!。
パワーストーンがお好きな方には是非お勧めの一冊です。石の写真集としても楽しめます。ただ鉱物的にはかなり「?」な所が有りますので、あくまでもパワーストーン物としてお楽しみ下さい。



絵も綺麗で分類等もなかなか詳しく載っています。恐竜に興味を持ち始めたお子さん等には持って来いの本です。
ただ詳しい分類や、専門的な事をもっとに知りたい方には他の本が良いでしょう。当店でも化石分類の確認をするためにまず開くのがこの本です。
ナショナルジオグラフィック社の本だけあって。精密画がたくさん載っていてクオリティは高い本です。誌面の4分の1程が恐竜の形態的機能面の説明に割かれていて、これも図版が多く大変分かりやすく描かれています。
著者ヒサ・クニヒコさんご自身書かれた恐竜の絵が素晴らしいです。図鑑等にあまり載っていない恐竜の絵もたくさんありますが、それぞれの種の情報などはほとんど書かれていません。恐竜学(論)の歴史と問題点などを述べた本ですので、図鑑的色合いは希薄です。
最近発売された、ティラノサウルスメインの解説本です。絵や図柄も多いのですが、かなり専門的なので、「ティラノ」と言うだけで飛びつくと、ちょっと内容が難しいかもしれません。
マニア向けかな?

これは買いです!大変豊富な図版類は、緻密な立体像(模型)の写真やイラストと、実際に発掘された化石の写真で構成されていて、大変分かりやすく親切な本です。恐竜ばかりでなく、カンブリア紀・デボン紀の無脊椎動物や、哺乳類まで幅広くカバーされていて、お値段の割には、大変内容の濃い本です。そして、お・重い・・。
この本は侮れません!一応子ども向きに書いてあるのですが、実は内容が大変「濃い」!恐竜の図鑑を飽きるほど眺めて、そこそこ名前を言えるようになったら、次はこの本がお勧めです。安いし。
店長が特別な想い入れを持っている「絶滅哺乳類」の、大変素晴らしい図鑑です。復元想像図のイラストも素晴らしいのですが、分類等が学術的に大変詳しく載っています。縮小版も発行されていますが、少し高くてもこちらをお勧めです!
まず、タイトルのカッコよさに惹かれます。隕石の衝突による恐竜類の絶滅説を唱えたアルヴァレス父子の研究内容を詳細に綴った本ですが、読みきるにはかなりの根性が要るかも。翻訳物にありがちな、分かりにくい文章もあったりして・・・。

アンモナイト研究家の故川下由太郎氏の素晴らしいコレクションの写真が多数掲載されている、北海道アンモナイトの研究本です。これらは川下コレクションのごく一部に過ぎないのでしょうが、世界に誇る日本のアンモナイトコレクションです。
今年(H17年)の1月に亡くなられたクレイド古生物学研究所の早川さんの大変素晴らしい本です。その人柄を感じさせるような、古生物に対する優しく独自の視点で、鋭くアンモナイト類の生態に迫っています。店長と同世代と言うこともあり、今後の早川氏の研究成果の発表を心待ちにしていたのですが・・・。合掌
言わずと知れた堀秀道氏の綺麗な実物写真を伴った鉱物図鑑です。この本をきっかけに鉱物愛好の道を歩み始められた方も多いのでは?

同名本の続巻です。綺麗な鉱物写真が素晴らしい本なのですが、お客様から「この本みたいな標本」というクオリティを求められる事があります。鉱物関連の仲間内でも、この本の標本は特別良いものだから、これが当たり前と思われると辛いよね、と言う話が良く出ます。


化石の世界ではその歯の化石で有名なスピノサウルスやカルカロドントサウルスの発見・発表者であるE・ストローマー氏の事とを中心に書かれた本です。露出度の多いこれら2体の恐竜の全体像や失われた化石<スピノ)の詳細な図版が載っていたりで、大変面白く興味深いhんです。ちょっと専門的な本なので、小学生にはムリかな?

映画ジュラシックパークの科学監修を勤め、マイアサウラの営巣化石を発見し、ティラノサウルスのほぼ完全化石の発掘を指揮したJ・R・ホーナー博士の著書。ちょっと時代を感じさせる写真や絵・図版が多数掲載されていて、Tレックス発掘の様子が分かりやすく書かれています。化石発掘にまつわる諸事情も知ることが出来て、業界的にも興味深い本です。

子供向けの本ですので、分かりやすく恐竜の生態などについて書かれています。こういう子供向けの本は、意外と新しい情報が載っていたりしているので、子ども本と言えども、要チェックです。

本の装丁がメチャクチャ変(ゴメンナサイ)なのですが、内容は大変素晴らしい本です。所謂恐竜絶滅の諸説についての考察本ですが、難解な内容も分かりやすく噛み砕いて、解説して頂いている絶滅関連の好適本です。



本1 本2 DVD・その他
 

オンラインショップアマゾン内でのお買い物については、アマゾンの規約をご参照下さい。
※当店の補償の限りではございません。またこちらの本を当店に直接注文されても対応できません。
悪しからずご了承くださいませ。


磐座 化石鉱物オンライン販売専門店 いわくら
〒606-0816 京都市左京区下鴨松ノ木町82
Tel: 075-723-8951/Fax: 075-723-8950/Email: fossils-iwakura@kyoto.zaq.ne.jp

※当店は合資会社オフィスコードワークによって運営されています。
このサイトに掲載されているすべてのコンテンツ、画像、文章などは
(資)オフィスコードワークの承諾なしに無断転載することはできません。
Copyright 2004 Fossil & Mineral Collection-IWAKURA, All rights reserved.